現代社会は、様々な情報に溢れています。目まぐるしく流れていくSNSや、最新ニュース。これらをスマホやパソコンで、多量の情報に触れていると、肉体的にも疲弊してしまいます。もちろん、スマホやパソコンをあまり使わないとしても、仕事や人間関係などの精神的な悩みなど、人それぞれ持っていることでしょう。これらの疲労感を、脳は全て「ストレス」として処理をします。しかし、脳にも処理の限界があります。処理をしきれなかった結果、思考回路が鈍ってしまったり、正しい動きができなくなってしまうのです。酷い時には、頭痛があったり物忘れが酷くなったり、食欲にも影響してしまいます。

これらの症状が出る前に、ぜひ試してみて欲しい方法があります。「マインドフルネス」と呼ばれている瞑想法です。これは脳の疲労を回復したり、慢性的な痛みの緩和に効果的と言われており、医療の現場でも利用されているそうです。

瞑想というと、何やら大仰な様子を想像してしまうかもしれませんが、日常生活に組み入れられる程度の方法です。方法は、「3分間、呼吸に集中する」だけです。難しい呼吸方法はありません。自分がいつもしている呼吸方法で構いませんし、座っていても寝転んでいても、楽な姿勢で問題ありません。時間についても、朝でも夜でも自分のタイミングで構いません。この時、3分間のアラームをセットしましょう。

実際に始めてみると分かると思いますが、初めは周囲の音が気になったり、別の考え事をしてしまい、集中するのは難しいと感じるでしょう。しかし、毎日続けていればこれらも解消されます。これは座禅を起源とされているそうで、有名な起業家たちもこの瞑想法を実践し、脳を休めていたといいます。